2011年01月08日

注連縄完成

3-17.jpg


新しい年が開けました。
去年の『ゆるりら♪絵日記』は”注連縄を作ろう計画”と言う所で終わっていました。
そして今年初めてのブログは、その注連縄作りの続きからスタートです。


去年の夏に裏庭のヨシを見て注連縄を作ろうと思い立ち、年末にその計画を実行したわけですが、何分教えてくれる師匠もいなかったので、インターネットの情報だけを頼りに実行するしかないと言う、何とも無謀なスタートを切りました。
正直その事を初めて家族に話した時は、みんな一斉に”無理だろう(笑)”と言う顔でしたが、それでも私の作ってみたい気持ちは止まりませんでした。

とりあえずネットで見つけた情報と写真を見ながら悪戦苦闘して、何とか飾りをつける前の注連縄部分まで完成させました。
そしていよいよ飾りつけの段階に入ったんです。


注連縄の飾りをよく見ると、鯛や小判や七福神など、おめでたい物でいっぱい飾ってあります。
それを全て手作りするのは縄を縒るよりも手間がかかりそうですが、ここまで来たらもうやるしかありません。

そこでまずはおめでたいアイテムを探さなければいけないので、とりあえずスーパーの注連縄コーナーと100円ショップに行ってみる事にしました。


お店の注連縄コーナーに行ってみると、残念ながら私が思っていたたほど、おめでたいアイテムはありませんでした。
いやあせあせ(飛び散る汗)たぶんそうだろうな〜とは思っていたんですけどね・・・。

しかし花などを売っているコーナーのところで松を買う事が出来ました。

次に100円ショップに行ってみると、お店の入り口付近に小規模ですが注連縄コーナーが出来ていていました。
するとそこに私が探し求めていた様な小さな飾りが売っていました。
「おおっ!これは小さな注連縄の飾りに使えそうだ。」
私は頭の中でイメージを膨らませながら、その飾りを2つ買いました。

他にもお店の中をあちこちぐるぐる探して、造花の梅や折っていくと扇の形になる変わった折り紙もみつけました。
いや〜さすが100円ショップです。
ほんとに色んなアイテムが揃ってます。

とりあえずこれでおめでたい物が買えたので、それらをさっそく家に帰って注連縄につけてみる事にしました。


注連縄の飾りを作る前に、まずインターネットで調べた注連縄の写真をじっくり見て、どんな風に作りたいのか頭の中で最終的なイメージを固めました。
そしてその後は、もうほとんど感覚だけで作った様な感じです。
この作業もまた悪戦苦闘する時間が長かったですたらーっ(汗)
あ〜だこうだ言いながら、切ったり貼ったり約2時間ほどかかったんですけど、そうやっている内に何とかそれらしい物が出来上がりました。

出来上がった注連縄を一つ一つ壁にかけて、遠くからしげしげと眺めたんですが「人間頑張れば何でも出来るんだな〜。」と思ってしまいました。
さっそく家族にも完成した注連縄を見せたら「出来てるし〜〜〜!!!」と言って爆笑の渦の中、大いに喜んでもらえました。
ぴかぴか(新しい)笑う角には福来るぴかぴか(新しい)
これで今年のお正月を迎える準備は全て整いました。


これですっかり物を作るスイッチが入ってしまった私は、今年の年賀状のイラストも手作りしたくなってしまいました。
そう思ったら頭の中に切り絵の絵柄がポンと浮かんきたので、さっそく忘れないうちに下書きを描きました。

今年の年賀状(友人用)デザインは、はらはらと静かに舞い落ちる雪の下で踊るウサギです。
ウサギと背景は千代紙と色紙で作る事にしました。
やっぱり千代紙は色も柄も雅な感じで、和素材としては色々使えるからいいですね。

しかし切り絵は色々と細かい作業が多いので、実際やってみるとこれもまた大変な作業の連続でした。
でも大変だと思ったのは初めの数十分で、その後は段々と楽しくなってきてしまい、最後の方では構図にはなかった牡丹の花飾りまで作る余裕さえ出ていました。

そして約2時間ほど格闘した後、ついに年賀状も完成しました。
出来た切り絵はスキャナーで取り込んで、年賀状用の紙に印刷します。
受け取った人に喜んでもらえるといいんですが・・・。


こうして今年の我が家は、手作りいっぱいのお正月となりました。

実際、注連縄作りを始めた時は無理かもしれないと思いましたが、いやいやいや・・・人間頑張れば何とかなるもんなんですね。
ちょっと無骨な注連縄でも、これが手作りなんだと思うと何だか愛着がわいてきました。
やはり手作りはいいものです。

この分だと来年のお正月から注連縄は私が作る担当になるかもしれません。
まあそれもまた楽しいお正月行事の一つになっていいかもしれませんね。
ひょっとして注連縄作りが我が家の伝統になっちゃったりしてあせあせ(飛び散る汗)


★『人気ブログランキング』に参加してます。よければ下のバナーをポチッと押して下さいね。

banner.gif

posted by むっち at 13:14| 北海道 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にしめ縄作ったんですね!!!
お母様から、ちらっと噂に聞いたので、見てみました。
文字が手書きなのがすごくいいですね!
そういえば、鏡餅の台はどうなったでしょうか?
そのうち娘が大きくなったら、我が家も挑戦してみたいです。
Posted by コロ助ママ at 2011年01月08日 22:39
年末色々忙しかったんですが、その合間をぬって何とか元旦前に完成させる事が出来ました。
注連縄ってお店で買うと結構高いんですが、材料のヨシにお金がかかっていないので、今年は全部で600円くらいで済んでしまいました。
手作りは手間がかかりますが、作っている間「これから新しい年を迎えるんだ。」と言う新鮮な気持ちになれるので作ってよかったと思います。

そうそう鏡餅の台ですが、残念ながら年末年始が恐ろしく忙しすぎて、母は結局作れませんでした。
でも「来年は絶対作るからね〜!」と今から張り切っております。
こんなに毎日倒れるんじゃないかと思うほど動いているのに、それ以外にエネルギーを注げる母にはほんと感服してしまいます(=▽=;。

コロ助ママさんの娘さんもこれからすくすく大きくなって、いろんな事に興味を持ってくると思います。
その中でお母さんやお父さんと一緒に何かをしたと言う経験は、きっと良い思い出になり大きな喜びを感じてくれると思います。
注連縄作りはヨシを縒るのが難しいですが、不恰好になってもそれはそれなりに家族の笑いの種になったりするので、楽しいお正月になると思いますよ。
娘さんが大きくなったらぜひチャレンジしてみて下さい(^^)。
Posted by むっち at 2011年01月08日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。