2010年10月06日

キョロさんありがとう

3-5.jpg


やっと気持ちも少し落ち着いたので、こうしてまたブログを書く事が出来ます・・・。

キョロさんが亡くなってから、本当にたくさんの方からお悔やみの言葉を頂きました。この場を借りてお礼をさせて頂きたいと思います。
キョロさんの事を心配してくださった皆様、そして温かい励ましのお言葉を下さった皆様、本当にありがとうございました。
エボさん同様キョロさんも人の輪を繋げてくれた不思議なカメレオンだったと思います。
これだけたくさんの方に名前を覚えて頂いて、キョロさんは幸せなカメレオンだったんじゃないかなと思います・・・。


キョロさんが亡くなった次の日、家族全員でペット霊園の火葬場へ行ってきました。
その日は本当にすばらしい秋晴れで、空を見上げると飛行機雲が気持ちいいくらい長く伸びていました。
キョロさんは天気のいい日が大好きでしたから、最後のお別れをするには最高の日だったと思います。


火葬場に着くと受付をしてから直ぐに火葬が始まりました。
焼き場の大きな台にちょこんとキョロさんの体を置いた瞬間、エボさんの事を思い出しました。
「エボさん・・・キョロさんがそっちに行くよ。頼んだね・・・。」
私はキョロさんの側に大好きだったイチゴを置くと静かに手を合わせました。
「キョロさん辛かったね。さぞ・・・苦しかったと思う。私、一生懸命育てたんだけど飼い主として至らない所があったかもしれない・・・ごめんね。どうか安らかに眠ってね。今まで一緒に暮らしてくれて本当にありがとう。」
心の中でそうキョロさんに語りかけながら静かに見送りました。

キョロさんが火葬されるまでの間、小さな待合室でコンビニで買ったお弁当を食べながら、家族でキョロさんの話をしながら待ちました。
窓の外は相変わらず良い天気です。
周りの木々は少し紅葉し始めていました。
ナナカマドは一足先に真っ赤に色づいています・・・。


お弁当を食べた後、まだ時間があったのでエボさんが入っている合同墓地へお参りする事にしました。

お墓に着くとさっそくロウソクと線香をつけて、家族みんなでお参りしました。
「エボさん、キョロさんと仲良くしてあげてね・・・。」
そう心の中で御願いした途端、目頭が熱くなってきました。

お参りが終わってふと焼き場の煙突を見ると、ゆらゆらとした熱気が見えました。
煙は見えません・・・。
きっと体が小さ過ぎるので、ほとんど煙が出ないんでしょう・・・。
それでもあのゆらゆらした熱気と共に、キョロさんが天に昇っているように見えて、私達家族はしばらく足を止めて見ていました。
「ほらあれ・・・キョロさんが天に昇っていくよ。」
するとその見上げた空に、また白くて長い飛行機雲が流れていました。
「キョロさん、あの飛行機雲につかまって行きなさ〜い。」
真っ青な空に静かに流れていく飛行機雲を見ながら、父も母も私もいつの間にか笑顔になっていました。


約1時間待った後、キョロさんが焼き場から出てきました。
やっぱりエボさんと同じ様に小さな骨だけが残っていました。
箸で持てば直ぐに砕けてしまいそうなほどもろく白い骨は、とても弱々しい感じに見えました。
でも箸で持つと以意外にしっかりしている骨もあって、骨格的には丈夫に育っていたんだな〜と思いました。
私達はその遺骨を一つ一つ丁寧に拾って骨壷へと移しました。

キョロさんは1年間だけ個別葬にしてから、その後、合同墓地へと移される事になりました。
それまでの間エボさんと同じ様にお参りに来る事にしました。


私達家族の生活の中に、すっかり溶け込んでいたキョロさん・・・。
体は小さいのにその存在感は大きくて、いつも家族の話題の中心にいました。
キョロさんの仕草や動きを見ているだけで、私達家族は毎日笑いが絶えませんでした。
そんな私達の姿をいつも窓際の大きな木の上から見ていたキョロさん・・・。
きっと変な動物だな〜と思っていたでしょう。
でも嫌がって逃げたり警戒色で接してこなかった所を見ると、私達との関係を少しだけ認めてくれていたような気がします。

キョロさんとのゆるりらな時間は、私たち家族にとってかけがえのない時間でした。
そのやさしい存在で家族みんなをま〜るくしてくれた事、本当に感謝したいと思います。

キョロさんありがとう。
ありがとう・・・。

★『人気ブログランキング』に参加してます。よければ下のバナーをポチッと押して下さいね。

banner.gif





posted by むっち at 22:56| 北海道 ☁| Comment(9) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

初めまして。
あひると申します。

コメントをするのはこれが初めてですが、
いつも楽しくブログを読ませて頂いておりました。

実は私もキョロさんと同じエボシカメレオンをペアで飼っています。
そして同じくメス(シオンちゃんといいます)が産卵を控えています。
なのでキョロさんの死は他人事だとは思えませんでした。
とてもショックで涙が止まりません。

でもキョロさんは本当に最後まで輝いていたと思います。
それもきっと飼い主であるむっちさんとそのご家族の方がキョロさんに惜しみない愛情を注いでいたからこその輝きだと思います。

ブログを見ていていつも思いました。
なんて幸せそうなカメレオンなんだろう、と。
写真からでも伺えるほどでした。
きっとキョロさんは最期まで本当に幸せだったと思います。

まだまだ心の穴は埋まらないと思いますが、キョロさんが心配していると思うので早く笑顔を取り戻して下さいね^^

それでは..

Posted by あひる at 2010年10月07日 10:38
あひるさん、こんにちは。
書き込みして下さってありがとうございました。
そして、つたない文章で読みにくかったと思いますが(^^;今までキョロさんのブログを見て下さって本当にありがとうございました。

あひるさんのお家では、エボシさんを2匹飼ってらっしゃるんですね。
どちらもきっとあひるさんにとってはかけがえのない存在だと思います。
でもメスの産卵は心配ですよね・・・。
次の命を繋ぐ為とはいえ、あれだけの数の卵を命がけで産まなくてはいけないんですから・・・。
でもそれがカメレオンの宿命・・・それほど弱くてもろい生き物なのだという事が分かります。
自然界でたくさん卵を産まなければ生きていけないのは、生存競争が厳しい生き物だからでしょうね・・・。

だからこそ私達飼い主は、その生き様をしっかり見届けてあげなければいけないと思っています。
ペットとして生まれてきてしまった以上、彼ら(彼女ら)は私達人間に命の全てを委ねなければいけないわけですから・・・。

キョロさんもエボさんも、私にとっては存在そのものが地球の神秘みたいなものでした。
まるで森から生まれてきたような動物です。
そんなキョロさんとエボさんと一緒に暮らせた事は、私にとって幸せな事だったと思います。

あひるさんもきっと2匹のカメレオンさんから、毎日たくさんのメッセージをもらっていると思います。
どうか命尽きるその日まで、そのメッセージを心に刻みながら一緒に暮らしてあげてくださいね。

元気に卵が産まれてくる様に祈っています。

Posted by むっち at 2010年10月07日 16:29
こんばんは^_^

和ませてくれたキョロさん。大事な家族との別れは辛いですね。。
うちもペット霊園にお世話になりました。カメレオンは経験がないとのことで、小動物たちとの合同葬を勧められました。分からなくなるんじゃないかと心配でしたが、きちんとしてもらい、お別れできましたよ。
うちは転勤族なので、1周忌が済んだら自宅に引き取り、お線香やお水をあげています。あまり家の中に置くのは良くないといいますが。今は仕方なくて(^_^;)  
たくさんペットが居ると、正直しんどいなぁ〜と思う時がありますが、綺麗な袋に入った骨壷を見ると、頑張らんば!と思います。
できればあんな思いはしたくない。もう飼わなければと言われますが、生き物が居ない生活なんて考えられない! 後悔ないように日々過ごしたいと思います。

最後の最後まで、ご家族に見守られてキョロさんは幸せでしたね。あんなに頑張ったんですもの、ゆっく〜りお休みなさい。
むっちさん、また楽しいブログ待っています(*^_^*)
Posted by くめきよ at 2010年10月08日 01:22
どうしても2度目の産卵うまくいかないね。
残念だったけど最後まで
ちゃんとしてもらって
幸せなキョロさんよ
Posted by emot^o^v" at 2010年10月08日 01:26
くめきよさん、こんにちは。

そうでしたか・・・・。
くめきよさんもペット霊園の方でお世話になったんですね。

ペットの供養の仕方は人それぞれです。
私の様にペット霊園に連れて行く人もいれば、お庭に埋めて供養する人もいます。
やり方は違っても”供養をする”という作業をする事で、ペットが亡くなったという事実を受け止め、悲しみを緩和していけるんだと思います。
だからどんな形であれ、ペットを供養する事は大切な事なんだなと思います。

くめきよさんも亡くなったカメレオンさんをしっかり供養しています。
その気持ちはきっとカメレオンさんにも伝わっていると思いますよ。

ペットを飼う事に関しても賛否両論いろんな意見がありますが、大切な事は飼ったペットを最後までしっかり面倒を見て、命が終わるその日まで、彼ら(彼女ら)が生きた証を見届けてあげる事だと思います。
それがペットを飼う人間の責任・・・私はそう思います。

私もキョロさんが亡くなってから、物凄く色んな事を考えました。
でも私がいつまでもくよくよしていたら、キョロさんも安心してあの世に行けないので、今少しづつですが元気を取り戻そうとしています。
そんな元気な姿を見せてあげる事が、キョロさんへの一番の供養だと思っています・・・・。
Posted by むっち at 2010年10月08日 16:03
emotさん、励ましの言葉ありがとうございます。
今回の産卵は自信があっただけに、結果がこんな事になってしまって本当に残念です。
やはりカメレオンのメスはオスと違って、体への負担が大きいのかもしれません・・・。
私もしっかり育てている様で、飼育過程で何か至らぬ点があったのかもしれません・・・。
どんなに考えても原因が分かりませんが、今はもうありがとうの気持ちでいっぱいです。
キョロさんとの思い出を大切にしながら、これからも生きていこうと思います。
Posted by むっち at 2010年10月08日 16:11
動物病院関係者です。
家族同然のペットが死んでしまうのはとても辛いですね。
いくつか残念な点はあるものの、キョロさんは大事に飼われていたようで、幸せだったと思います。

カメレオンが生息している地域に行ったことはありますか?その気候を再現することは、一般家庭では不可能だけれど、手軽に買う人は多いのです。
死期が近いカメレオンが運ばれてくるたびに、人々が安易に飼わなくなるよう祈らずにはいられません。

通りすがりのお目汚し失礼しました。
Posted by 通りすがり at 2010年10月20日 01:48
通りすがりさん、はじめまして。
書き込みありがとうございます。

確かにカメレオンを飼う為の環境作りには色々と限界がありますね・・・。
私も今回カメレオンを飼うのは2回目ですが、やはり自然にはかなわないと思った事が何度もあります。

それでも飼ってしまったのはなぜだろう・・・。
今回通りすがりさんの書き込みを見ながら、自分の中で色々考えてみました。
たぶん・・・ペットショップで何度か弱って亡くなりそうになっているカメレオンを見ていたからかもしれません。

生まれてから一度も空を見ず、太陽の光も浴びる事なく、自然の木の感触も知らないままケージの中で弱って死んでいくカメレオン・・・。
そんな姿を何匹か見ているうちに、そんな思いをする前にせめて一度は太陽を・・・という気持ちがあったのかもしれません。
でも、この気持ちもやはり人間側の勝手な思いなのかもしれません。
野生動物は本来人間に飼われる為に生まれてきたわけではないのですから・・・。


ペットを飼う事に関しては、きっとみなさん色んな意見があると思います。
私自身カメレオンを飼っていてこんな事を言うのもなんですが、いつも心の中でどこか矛盾を感じてはいました。
初めてカメレオンを飼った時は「本当は飼ってはいけないんじゃないか・・・。」そんな思いが頭のどこかにあって、罪悪感の様な気持ちがあったのは確かです。
キョロさんが亡くなった今は特に、その思いが波の様に押しては引き、引いてはまた押すと言う事を繰り返しています。

でもエボさんやキョロさんと生活を共にして、私はカメレオンと言う動物の事を初めて深く知る事が出来ました。
きっと飼わなければ、カメレオンの生態などまったく知らずに生きていたと思います。
その動物の事をもっとよく知れば、その命についてももっと深く考え理解する事が出来る・・・。
それを知らなければ、私はカメレオンの存在自体を軽んじていたかもしれません。

私がこのブログにカメレオンの事を載せようと思ったのも、そんな彼ら(彼女ら)の生態をもっと色んな人に知ってもらいたいと思ったからでした。

爬虫類は犬や猫と違って感情がなくて冷たいとか、見た目が気持ち悪いなどと敬遠されがちです。
犬や猫さんのかわいい本はたくさん出ていても、爬虫類はほとんどありません。
偏見を無くせば見方が変わる、見方が変わればそこに慈しむ気持ちが生まれる・・・。
私のブログを読んで、今まで爬虫類の事を嫌いだった人が少しでもそう言う気持ちになってもらえたらいいな・・・そんな思いで書いていました。

世の中には安易な気持ちでペットを飼ってしまう方が確かにいます。
それは爬虫類だけではなく犬や猫もそうですね・・・。
私も通りすがりさんと同じ様に、安易な気持ちで飼ってもらいたくないと思います。
人間にペットとして飼われ生きなければいけない運命を背負った彼ら(彼女ら)は、人間に全てを委ねるしか生きる道がありません。
一緒にいるのは尊い命・・・。
だからこそ飼った以上は最後までしっかり育ててあげてほしいと思います。

長々返信すいませんでした・・・・。
今回のコメントは、私に今一度ペットを飼うと言う事を考えさせてもらった大変貴重なコメントでした。
書き込みして下さってありがとうございました。




Posted by むっち at 2010年10月20日 13:50
きっかけはともかく、人が飼うとカメレオンの命は儚くなる、ということを学んだのですから、是非それを今後に生かしてもらいたいのです。
私は以前から、日本への野生種カメレオン流入の防止検討をしてきましたが、現在の法律では残念ながら。。
医院に来る飼い主さんには気の毒ですが、飼育しないよう啓蒙しています。

爬虫類に限らず、敬遠され気味な生き物はたくさんいます。
他の生き物にも目を向けてみてください。
それでも爬虫類が良いというのでしたら、素人でも寿命まで生かしてあげられる種類はありますので、是非調べてみてください。

ペットショップにいる全ての可哀想なカメレオンを救うことは出来ませんが、キョロさんがあなたにもたらしたこと、かけがえのない経験を大事に、頑張ってくださいね。
Posted by 通りすがり at 2010年10月26日 19:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。