2011年03月26日

複雑な心境の中で未来へと進む

3-24.gif


我が家の建替え計画が始まったのは去年の10月末くらいです。
それまではまだ家を建てるなんて夢物語の様な話でした。
しかし私たちの意図しない所で、いつの間にか不思議な人の縁が繋がり、最初は夢物語だった話が現実になっていきました。

でもまさかその最中に、こんなに大きな地震が日本を襲うなんて思ってもみませんでした。


震災が起きたその日、私達はちょうど仮住まいに引越しをしている最中でした。
朝早くから引越し業者の人達がばたばたと荷物を運び、私達は前日遅くまで荷物を片付けていたので疲労困憊している状態でした。
この時はテレビもラジオもトラックに積み込まれている状態・・・。
それに忙しすぎて携帯も見る暇がなくて、私達はまったく外の情報を知る事が出来ませんでした。
しかも仮住まいに着いてからテレビを設置しようとしたら、テレビチューナの部品が合わず、しばらく観る事も出来なかったのです。

そしてそんな外の情報がまったく分からない状態の中、夕方になってから父が車の中で初めて東北地方で大地震が起きている事を知りました。
「なんかとんでもない事になってる・・・。」
家に帰ってきた父が硬い表情でそう言ったので、私はただ事でないということを知り、慌てて携帯のワンセグを観ました。
するとそこには信じられない光景が広がっていたのです・・・。


あの日から毎日の様に地震のニュースが流れ、引越しの荷物を片付けながらその悲惨な光景を観る度に涙が込み上げました。
そして東北地方がそんな状態の中、私達はこれから家を建てていかなければならないんだという現実に、言葉には出せない複雑な心境になっていきました。
でも一度始まった計画を止めるわけにはいきません。
私達が今出来る事は、この震災の事を忘れる事なくしっかりと受け止め、家族一丸となって未来に向かって歩み続ける事・・・・それしかありませんでした。


そして昨日、我が家の解体が始まりました。
私はどんどん崩れていく我が家を見ながら、ひたすらカメラのシャッターを押し続け、震災を思い、家族を思い、これからの未来を思いました。
この解体が終われば我が家の土地は更地になり、何もないただの大地に戻ります。
そこにこれからたくさんの人達の協力のもと、新しい家が建つのです。
「何もなくなった土地から家が建つ・・・。たくさんの人達の力があれば”0”は必ず”+”になれるんだ。」そう思った瞬間、日本もきっと大丈夫、きっと負けない・・・そう思いました。


posted by むっち at 21:30| 北海道 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

家造りは大変だ

3-23.gif



物凄く・・・物凄く・・・ブログを書いてませんでしたね(==;。
お久し振りです・・・はいたらーっ(汗)

まったくブログが更新されなかった間、一体何が起こっていたのかと申しますと、
我が家に転機が訪れておりました。
実は色々あって、家を取り壊し新しく建て直す事になりまして、今その計画がじわじわ進行中です。
いやいや・・・まさかこんな事になるなんて、去年の今頃は思いもしませんでした。
ほんと人生は何が起こるか分かりません。
本当は家造りの工程をブログで書こうと思っていたんですが、あまりにも時間がなくて
書く事が出来ずに結局この有様です。


とりあえず簡単ではありますが、今までの工程を簡単に説明したいと思います。

まず最初は建築士さんとお会いして、どんな家にしたいのか具体的に家族の要望を話します。
建築士さんはそれを元に、まずたたき上げの図面を書いてきてくれます。
その図面を見ながらこうしてほしいああしてほしいと意見を言い、何度も話し合いを重ね、自分達の要望にあった図面へと近づけていきます。
そして図面が大体決まったら→外観のデザイン→外壁→床材→窓→ドア→壁紙→照明と、物凄いたくさん色んな事を次から次へと決めていきました。

今私はこれまでの工程を非常に簡単に書いていますが、この間に物凄い数の資料とカタログを見ていて、毎日脳がぶすぶすと音をたてて燃えそうな感じでした。
床一つ決めるにも色んな素材、色、メーカーがあるのでどれを選んでいいやら・・・ほんとに悩みます。
壁紙のカタログなんて広辞苑なみの厚さのものを3冊くらい渡されて、全ての部屋の壁紙を選ばなくてはいけません。

壁紙には色んな種類があり、石目調、塗り調、織物調、柄物、和物、モダン、カジュアル、ポップ・・・などなど、これでもかと言うほどたくさんの種類があります。
しかも天井には天井専用の壁紙、水周りにはそれ専用の壁紙と言うのがあります。
そんな膨大なカタログを1枚1枚めくって、我が家にふさわしいものを選ぼうと思うと、途中で「うが〜〜〜っ!」となりそうなんですが、これをやらないと家は建ちません。
そんなうが〜〜!な瞬間を何度も繰り返しながら、仕事の合間に家族会議を開いて、熱い話し合いを繰り返しました。


とにかく家造りなんて始めての私・・・。
そんな私が出来る事と言ったら、建築士さんが書いてくれた図面を見て、それを頭の中で3D化し、スケッチブックにどんどんイメージ画を描いて、どんな部屋のデザインにしたいのか具体的な形にしていくことでした。

毎晩時間のある時に一人スケッチブックを引っ張り出し、配色カードをめくりながら、家の外観から部屋の中から様々な所をイメージ画にして描いていきました。
何度もスケッチをしては消すを繰り返して、出来たら家族に意見を聞く・・・そんな事の繰り返しでした。

そして等々それだけじゃイメージが伝わらないとなると、今度はケント紙を取り出し、新築の図面を見ながら立体模型まで作ってしまいました。
私ったら(=▽=;建築家じゃないんですけどね、でもそうしないと一体どんな家にしたいのか、家族中が今一ぴんとこなかったので、家の模型を作るしかありませんでした。


そんな様々な工程を繰り返しながら、後もう少しで全てのデザインが決まると言う所まできました。
長かった・・・そしてかなり脳が疲れた・・・。
でもあちこち色んなデザインが出来たので、やっていて面白かったのは確かです。

なんか色々私の趣味(?)が入っちゃっているので、かなり変わった家になった様な気がします。
今ここで具体的な事は言えませんが、例えば「普通そんな所にそんなものつけないって。」って物がついてたり、壁紙も「何それ!!」って感じのものが色々・・・。
こんな感じであまりにも個性が強くなってしまったので、自分で考えてみたもののかなり心配になり、話し合いの席で担当の建築士さんに「あの・・・これ合いますかね?」とか「変じゃないですか?」とか何度も聞きました。
でも大体はOKを頂けたので、一応バランスはいいんじゃないかと思います・・・・はい(よく分からんけど)。


後これから決めなきゃいけないのは、各部屋にどんな照明をつけるかと言う事・・・。
これがまたねたらーっ(汗)超分厚いカタログが4冊もあるんですよ。
全部めくっていくと、親指の付け根が痛くなります。


しかし家造りがこんなに大変だとは思ってもみなかった・・・。
でもこの苦労の後に、我が家の新しい歴史が始まる家が建つのかと思うと、何だか身の引き締まる思いです。
だからこそここで気を抜くわけにはいきません。


ここまで話し合いを重ねてきて一番良かったなと思う事は、建築士さん達と和気藹々話し合いが出来ている事です。
お互い家造りを楽しんでやっている感じなので、きっといい家が出来るんじゃないかと思います。

とりあえず今夜は、4冊の分厚いカタログを開いて照明を決めないとね・・・。


posted by むっち at 23:17| 北海道 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。