2010年09月26日

キョロさんの栄養ドリンク

3-2.jpg


キョロさんが脱水しないように特製のぴかぴか(新しい)栄養ドリンクぴかぴか(新しい)を作ってあげました。
作り方はとっても簡単。
キョロさんの大好きなメロンを搾って果汁を取り、その中に爬虫類用のカルシウム剤とビタミン剤の粉を少量混ぜるだけです。

ありがたい話なんですが今年の夏、お歳暮でど〜んとメロンをもらったんです。
しかも6個も・・・。
それをキョロさんの為に食べやすい大きさにカットして、冷凍庫で保存しておいたんですよ。
それがこんな形で役に立つとは・・・。
保存しておいて良かったです。


さっそく出来た栄養ドリンクを化粧品用の注射器を使って吸い取り、キョロさんに飲んでもらう事にしました。

とりあえずいつもの様にキョロさんの目の前に注射器の先を近づけて、ほんの少しだけ栄養ドリンクを出してから雫の様にして見せてみました。
もしこの状態で直ぐに舐めてきたら後は勝手に飲んでくれます。

ところがキョロさんはまったく反応してくれませんでした。
いつもだったらここで諦めてしまう所ですが、今回はちゃんと飲ませないといけない状況だったので諦めるわけにはいきません。
そこで最後の手段を使う事にしました。

それはキョロさんの口を撫でて開かせるという作戦でした。

まず親指と人差し指をキョロさんの口先につけて、そのまま頬まで指を滑らせます。
それを静かに何度もやっていると、ぴったりと閉じた口が段々ゆる〜っとなって、その内ぱくっと開きます。
この開口は恐らく威嚇によるものだと思います。
この状態の時に急いで口の中に1滴だけ栄養ドリンクを垂らしてあげます。
するとキョロさんは口の中に水分が入った反射で、自然にむにゃむにゃ口を動かします。
その動きに合わせながら、今度は少しずつ注射器から栄養ドリンクを出し、ゆっくりと飲ませてあげるんです。
ここで焦って一気に飲ませてしまうと、誤嚥してしまう場合があるので要注意です。


口を開けさせるまでちょっと苦労しましたが、何とか栄養ドリンクを飲んでもらう事が出来ました。
飲んだ量は注射器の3分の1くらいでしょうか・・・。
結構飲んでもらえたんじゃないかなと思います。

次は体をしっかり温めてもらいます。


今日はいい天気だったので日光浴するには最高です。
キョロさんも久し振りにソファーの上に乗ったので気持ちよさそうでした。
体に日光が当たると直ぐに体を大きく広げて斜めに傾け、伸び伸びと日光浴を始めました。

しばらくしてからキョロさんの体をそっと触ると、お腹の辺りが温かくなっていました。
やはり自然の光は強さが違います。
バスキングライトも結構な温度になるんですが、どんなに頑張っても太陽には勝てません。


キョロさんは約1時間くらい日光浴をしました。
そして思い立ったようにふと顔を上げると「もうだいぶ温まったから行く。」と言いたそうな顔をしてこっちを見ていました。
私はゆっくりとキョロさんの体を持ち上げると、静かにケージに戻してあげました。
するとキョロさんはさっそく掘りかけの穴に入り、またせっせと掘り始めました。

キョロさんの頑張っている後姿を見ている内に、何となく目頭が熱くなってしまいました。
これから2日間くらいこの水分補給と温度管理を続けてみて、もし駄目だったら子宮収縮剤の注射をしなければいけません。
キョロさんの命を救う為とはいえ辛い選択になりそうです。


★『人気ブログランキング』に参加してます。よければ下のバナーをポチッと押して下さいね。

banner.gif


posted by むっち at 23:07| 北海道 ☔| Comment(12) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

キョロさん病院へ行く

3-1.jpg


産卵行動の穴掘りを始めてからもう22日もたつのに一向に産んでくれる様子がないので、これ以上は危険と判断し、昨日キョロさんを病院へ連れて行きました。


キョロさんは、まだしっかり木に登れるだけの力はあるものの、目が落ち窪んできてちょっと危険な状態です。
でも水はしっかり飲んでいるし、餌も少し食べたような形跡がありました。
排泄は、ほとんど尿だけしているような状態です。

でも先日、久し振りにに糞らしきものをしました。
試しに中を調べてみると、コオロギのメスを食べた様な形跡がありました。
絶食中は何も食べないと思っていましたが、もしかしたら1匹食べたのかもしれません。
ケージの中には念のためにコオロギを数匹放してあったので、その中の1匹を食べてくれたのか・・・・ちょっとはっきりとした事は分かりませんが、とりあえず何か口にした事は確かでした。


それらの状況を詳しく書いた飼育日誌をバックに入れていざ病院へ出発。
しかし外の気温は9℃・・・。
キョロさんを連れ出すには過酷過ぎる気温です。
そこでどうしたものか色々考えたんですが、とりあえず柔らかいタオルでそっと包んで私の体温で暖めながら行く事にしました。

カメレオンは夜になると寝てしまうので、一旦寝てしまうとちょっと体を触ったくらいじゃ起きません。
だからキョロさんをタオルで包んでもまったく暴れないんです。
今回あえて夕方の診療時間を選んだのは、この習性を利用すれば車の移動や診察の時も、キョロさんの体に余計なストレスを与えないと思ったからです。


午後の診療は16時からなので、その時間に間に合うために車を走らせました。
そして走る事数十分、キョロさんをしっかり暖め保護しながら無事病院に到着しました。


まずは受付を済まして簡単な問診を受けました。
でも今日は他にも予約の患者さんがたくさんいるらしく、待ち時間が2時間と言われました。
さすがにそこまで長く待合室で座っていられないので、一旦家に帰り連絡をもらってからまた来る事になりました・・・・。
ここの病院は人気があるのでかなり長く待つだろうとは思っていましたが、いやはやこんなに待つとは・・・。


そして待つ事3時間(結局オーバー)・・・。
診察終了時間をだいぶ過ぎていましたが、やっと診察してもらう事が出来ました。

先生はまずキョロさんの背中辺りに小さな聴診器をあてて肺の音を聞きました。
そしてキョロさんのお腹を静かに揉んで触診します。
「ん〜肺は大丈夫ですね。でもお腹がちょっと柔らかいかな〜・・・。」
と先生はキョロさんのお腹を揉み揉みしながらやさしい口調で話してくれました。
一方キョロさんの方は完全に寝ているので、これだけ先生に触られているのに、手をもちゃもちゃ動かすだけでまったく目を開けません。
完全に寝ぼけている状態です。
自分が今どういう状況にいるのかまったく分かっていない様子・・・。
でも先生にとっては、その方が診察しやすくてよかったかもしれません。

ちなみに担当の先生は、キョロさんが小さい頃に診察してくれた先生です。
その頃のキョロさんはまだ警戒心が強く人間嫌いだったので、先生が診察中も激しく威嚇していました。
そして触診したその手に3回ほど噛みついたんです。
しかし先生はキョロさんのその行動にまったく動じる事なく、朗らかな笑みをたたえながらキョロさんの触診を続けていました。
すごくいい先生なんですよほんと・・・・かわいい


次に先生は体の中を見るためにレントゲンを撮ってくれました。

出来上がったレントゲン写真を前に、先生は色々と細かく丁寧に教えてくれました。
「ここが頭でこれが尻尾です。背中側に見えるのが肺ですね。ん〜・・・骨は大丈夫ですね。カルシウム不足からくる”クル病”を心配したんですけどそれはないみたいです。」
「そしてこれが卵です。」
先生が指差した所を見ると、お腹にびっしりと卵が入っているのが分かりました。
「カメレオンは横隔膜がないんですよ。だから卵を持つと肺や消化器官を押し上げちゃいますから物を食べられなくなるんですね・・・。」

そしてレントゲン写真の説明を一通り聞いた後、今後どうすればいいのか先生の具体的な説明が始まりました。

<キョロさんの診断結果>
● キョロさんの目を見ると確かにちょっと落ち窪んで脱水状態の様ですが、皮膚を見るとまだかさかさしてないので重度の脱水ではない。カルシウムとビタミン剤を入れた水をしっかり飲ませてあげる。
もしくは毎日カルシウムとビタミンの注射をする(※これはキョロさんの今の体力を考えてやめました)。
湿度も80〜100%近くしっかり上げてあげる。

● 結構いい感じの穴は掘れているのに産まずにやめてしまうと言う事は、子宮を収縮する筋肉の働きが硬く弱いので産めずにいるのかもしれない。
その原因は最近の気温変化が関係している様だ。ここ数日に急激に気温が下がったので、体温が冷えて筋肉の動きが悪くなってしまった事が考えられる。だからケージ内の温度をもう少し高め(27〜30℃)くらいにしっかり上げてあげる。体を温めると筋肉がほぐれて他の内蔵機能の動きもよくなる。
また体を温めるには、約10分くらいの温浴(35〜38度くらいのお湯)も効果がある。でも今のキョロさんには刺激が強いのでこの方法はしない事にする。
※ちなみに温浴は便秘した時にも効果があるらしい・・・。

●それでも改善がみられない場合は、子宮収縮剤を注射して強制的に産ませるか開腹手術になる。


注意;この診断はあくまでキョロさんの診断結果なので、症状が似ているからといって真似をしないようにして下さい。1匹1匹みんな症状が違いますからこの診断が当てはまるとは限りません。具合が悪い時はちゃんと先生に診てもらって、その先生の判断で出た治療方法を行ってください。


診察が終わって、とりあえず緊急性はないということなので子宮収縮剤の注射は保留となりました。
でも数日様子をみて、温度の管理と水分補給をしても改善が見られない場合は、注射をして強制的に卵を産ませる方向に決まりました。
開腹手術は本当に最後の手段ですけど、今のキョロさんの体力を考えるとあまりやりたくはありません。
出来ればお腹を切らずに産ませてあげたいです。


自分の力で自然に産ませてあげたい・・・・そう思って長い間見守っていた事が、ここに来て逆効果となってしまいました。
もう少し早く病院に連れて行くべきだったのか・・・・。
今はその事を悔やむより、キョロさんを無事に産卵させる様に努力する事の方が大切です。

カメレオンが産卵行動を起こしてからどれくらいの日数で産むのか、ネットなどで色々調べてみましたが結局"何日"というはっきりした日にちが分かりませんでした。
カメレオンはみな1匹1匹個性があります。
それに育つ環境によっても、産むまでにかかる日にちは違ってくるみたいなんです。


今回、私の産卵に関する知識が足りなかったせいで、結果的にキョロさんを病院に連れて行く事になってしまいました。
”飼い主のレベルがカメレオンの寿命を左右する”と、そんな言葉がどこかのHPに書いてあったのを思い出しました。
カメレオンを飼うのはこれで2度目ですが、私自身飼い主としてのレベルがまだ不足だと言う事を、今しっかりと思い知らされています・・・・。


★『人気ブログランキング』に参加してます。よければ下のバナーをポチッと押して下さいね。

banner.gif











posted by むっち at 18:42| 北海道 ☔| Comment(4) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

キョロさん朝の空気を楽しむ

2-99.jpg


朝起きて眠い目を擦りつつ居間に行ったら、何とキョロさんがソファーの上でゆるりと朝の空気を楽しんでいました。
何て早起き・・・・って言うか、飼い主よりも先に起きて真っ先に朝の空気を楽しむなんて、一体どういうカメレオンですか!と突っ込みを入れたくなる様な光景でした。
しかもソファーの上で・・・たらーっ(汗)
きっとキョロさんは朝日と共に目覚めて、人知れずいそいそと木から降りソファーに登ったんでしょう・・・。

それにしても絶食が始まってから今日で18日目です。
ここ数日ずっと、このままじゃ死んじゃうんじゃないかと心配ばかりしていましたが、この行動を見て少し安心しました。
自分で行きたいところに行けるくらいの体力があるなら、まだ大丈夫かもしれないと思いました。
それに外を見る目もまだキラキラしているし眼球も落ち窪んでいません。
烏帽子の部分がちょっと凹んでいますが、まあこれだけの日数食べないで動いているんですから当然でしょう・・・。

それにしてもこれだけ食べていないのに脅威の生命力です。
一体どういうエネルギーの使い方をしているのか・・・・人間では考えられません。


キョロさんはしばらくソファーの上にいましたが、その後、体が温まって活発に動き出したので
ケージの中に入ってもらいました。
そして今日も1日かけて掘っていましたが、結局また試し掘りだけで終ってしまい産卵はしてくれませんでした。
もうこうなったらひたすら待つしかないようです。
くぅ〜(><)長期戦!長期戦!
死ぬなよキョロさんっ!


★『人気ブログランキング』に参加してます。よければ下のバナーをポチッと押して下さいね。

banner.gif


posted by むっち at 22:15| 北海道 ☔| Comment(4) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

キョロさん覗かれる

2-96.jpg


穴掘り行動が始まってから今日で13日目・・・。
キョロさんは一向に産む気配がありませんもうやだ〜(悲しい顔)
でも水は飲んでいるし目も落ち窪んでいないので、まだ少し体力はあるみたいです。
それに今朝餌を食べていた事が分かりました。


キョロさんがケージの中で2日振りに排泄をしたんですが、尿と一緒に小さな糞が出てきたんです。
絶食期間中は一切餌を食べないと思っていたので、糞が出てきた時はちょっとびっくりしましたね。

そこで一応何を食べたのか調べてみたら、どうやらメスのコオロギを1匹食べたようでした。
絶食と言っても完全に餌を食べなくなるわけじゃないみたいですね。


それにしてもキョロさんは何で産卵してくれないんでしょうか・・・・。
私もさすがに困っています。

前回は穴掘りを始めてから8日目で産卵したんですけど、今回はもう13日もたっています。
何が気に入らないのかさっぱり分かりません。
土を掘り出してから産むまでの日にちが大体決まっていればいいんですけどね・・・。


カメレオンは卵を産む時に人間の気配がすると産まないらしいので、私もその点は十分注意していました。

まずケージの周りにぐるっと黒いタオルを巻いて、ケージの中から外が見えないようにしました。
そして鉛筆を使ってタオルに何箇所か小さな穴を開けて、キョロさんが何をしているのか覗けるようにしたんです。
この穴の大きさは約0.5cmと小さいのでキョロさんには絶対気づかれません。
だから見られているストレスを与えずに中の様子を観察出来るわけです。


そんな小さな穴から時々中を覗いてみると、キョロさんは目を閉じながら一生懸命掘っています。
何度も何度も土をかいて体を時々Uターンさせて、体のはまり具合を確かめます。
そんな事を何度か繰り返してはまた掘るという行動を、朝から晩までずっと繰り返しています。

私の当初の予定では、遅くても10日以内には産むだろうと思っていたんですが、まさかこんなに日数がオーバーするとは思ってもみませんでした。
ふと頭によぎるのは亡くなった先代カメレオンのエボさんの事・・・・。
エボさんは卵が産めずに死んでしまった・・・・あの苦い思い出が頭をよぎります。

エボさんの昔の産卵記録を見てみると、絶食から15日後に産卵した事が書いてありました。
もしかしたらキョロさんも、それくらいかかっても大丈夫なのかもしれません。
でも油断は出来ませんが・・・。
だからもう少し様子を見てみるつもりです。



★『人気ブログランキング』に参加してます。よければ下のバナーをポチッと押して下さいね。

banner.gif


posted by むっち at 20:49| 北海道 ☀| Comment(0) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

心はイタリアへ旅立つ

2-95.jpg


先日とうとう『ボローニャ国際絵本原画展』へ応募する作品が描き終りました。
締切りまでに郵送する事が出来てよかったたらーっ(汗)
正直言ってそれまで色々あって、締切りまでに間に合わないんじゃないかと思いました。
でも出来た・・・・。
今はただもう感無量の一言ですぴかぴか(新しい)

郵便局の人に聞いたら数日で向こうに着くと言っていたので、今日辺り成田からイタリアへと飛んで行くんじゃないかなと思います。


それにしても今回は絵を描くのも大変でしたが、私にとって必要書類を書く事の方が一番大変でした。
なぜかと言うと原画展の応募書類は、全て英・仏・伊・独のどれがで書かなきゃいけないからです。
当然私は英語しか知りませんから、書類は英語で書くんですけど、悲しいかなその英語力が低いという難点が・・・。
ああもうほんとにそんな英語力で挑んですいませんという気持ちですが、それよりも応募したい気持ちの方が強かったので勘弁して下さいたらーっ(汗)


以前、作品を応募した時も書類書きには苦労させられました。
今回も同様、辞書を片手に四苦八苦しながら英文を考えましたが、作品の説明をする所でやはりつまづきまくりでした。

今回の作品は、どちらかというとメルヘンな感じなので、その不思議な感じを英文で表現するのかが難しかった(T_T)。
ノートに色んな文章を書きながら「英語力上げないとだめだ。」と反省しきりました。
それでも何とか一応それらしい文章が書けたんですが、今一通じるかどうか自信がなかったので、ここは英語の出来る我が弟君に助け舟を求めました。

いやいやほんと・・・持つべきものは英語の出来る弟君でした。
おかげで何とか文章が形になって、書類を全て整える事が出来ました。


さっそく次の日の午前中に郵便局へ行き、国際スピード郵便(EMS)を使って郵送しました。
その時の気持ちは何とも言えない気持ちでした。
嬉しいけど、どっと疲れたというか肩の力が一気に抜けてしまったというか・・・私は心地好い疲労感に包まれていました。
お仕事のイラストを納品する時もそんな感じですけど、それよりももっと強い気持ちです。
こういう気持ちは久し振りでした。

最後にしっかり宛先を確認して、子供を送り出すような気持ちで郵便局員さんに作品を渡しました。
その時「また一つ作品が私の代わりに遠い異国へと旅立ってくれるんだ・・・。」と思って思わず武者震いしながら、何だか笑い出したくなるような気持ちになっていました。


今回この原画展に応募した事によって、私の中でまた大きな1歩を踏み出せたような気がしました。
一時は自分の中で大きな疑問が生まれ、まったく描けなくなって苦しみましたが、自分の中の”描く”という気持ちがまた湧き出した事に今はほっとしています。
入選出来る出来ないよりも、自分の中の向上心はまだ失われていない・・・・それが分かっただけでも、今回作品を応募した事は私にとって大きな意味があったと思います。
この作品がたくさんの人の目に触れて、イタリアの風をまといながら帰ってくる事を楽しみにしたいと思います。

★『人気ブログランキング』に参加してます。よければ下のバナーをポチッと押して下さいね。

banner.gif

2010年09月04日

キョロさん2回目の産卵

2-93.jpg


キョロさんが産気づきました。

先月の中旬頃から餌の食べ方が遅くなり、1匹2匹と徐々に食べる数も減ってきたので、そろそろかなとは思っていたんですが、先日餌を食べさせる為にケージに戻したら急に土を掘り始めました。
ついに2回目の産卵が始まったのです。

カメレオンは産卵間近になると決まって”絶食状態”になります。
こうなると、それまでたくさん食べていたコオロギにもまったく関心を示さなくなり、あんなに大好きだったイチゴやメロンも食べなくなってしまいます。
これがまた不思議なもので、私がどんなに食べ物を近づけても「いらない。」という顔をするんです。
コオロギが顔の上に登って来たって、口元に来たって完全無視です。

それから絶食状態になるとウンチも段々細くて小さくなってきます。
まあ、あれだけお腹にたくさんの卵を抱えますから、餌もそんなに多くは食べられないので、当然ウンチも細くて小さくなるんでしょうね。


こういう産卵行動が始まったら、直ぐに卵を産む環境を作ってあげないといけません。
私の場合、ケージを通常の生活スペース産卵床の2つに分けています。

まずケージの中に仕切り板を置いて、そこに適度に湿らせた土をたっぷり入れます。
そして小さな観葉植物の鉢を適当に置いて、キョロさんの体がちょっと隠れるような環境にしてあげます。
後はケージの中が見えないようにカーテンをしてあげるだけです。

産卵の時は非常に敏感になっているので、人間の動きや視線が気になると、うまく産卵してくれない場合があります。
だから掘っている時はケージの周りを黒いカーテンで覆って完全に見えなくしてあげます。
第1回目の産卵はこれで成功しているので、今回も成功してくれるんじゃないかなと思います。


キョロさんは今、試し彫りの真っ最中です。
いろんな場所を掘ってみて、ここだと思ったら産卵が始まります。
以前は1週間近くかけてやっと産みました。
今回はどのくらいかかるのか・・・・。
これから気の抜けない日が続きそうです。



★『人気ブログランキング』に参加してます。よければ下のバナーをポチッと押して下さいね。

banner.gif


posted by むっち at 11:17| 北海道 ☔| Comment(2) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。